スマホを中古で買うときのポイント!

安くスマホを買うなら「中古」も選択肢になり得る

格安SIMの台頭により、消費者は気軽にスマートフォンを持てる時代になりました。

そしてスマホの選び方も多種多様になり、これまでのように携帯電話会社のショップに行って機種を選ぶだけでなく、スマホ本体を家電量販店やインターネット通販を利用して自分自身で購入するということもメジャーになりつつあります。

さらにスマホといっても国内のメーカーが各キャリアから出しているモノに加え、海外のメーカーが生産している低価格なSIMフリースマホもどんどん市場に登場しています。

そんなスマホ選びが多様化している現状で、筆者が個人的に狙い目だと思うのが「中古スマホ」です。

中古と聞くと「他人が使ったものを使いたくない」だとか「ハズレを引くのが嫌」だとかであまりいいイメージを持っていないひとも多いと思います。

しかし新品よりも安い価格で機能的に同じ端末を手に入れることができますし、他人が一度使ったということは見方を変えれば「初期不良」がないという証拠でもあります。

さらにここ数年ではスマホのリリースサイクルも相当早くなってきており、スペック的にまだまだ使える2~3年前の機種が安く売り出されているということも注目すべき点です。

中古スマホを選ぶ際はしっかりとポイントさえ押さえておけばそれほど失敗せずに済みますので、2台持ちを検討している方やいろいろな端末を使ってみたい方はぜひ利用しましょう。

中古スマホを買うときは・・・

1.まずネットワーク利用制限にかかっていないかチェック

これは超基礎項目ですが、最初に「ネットワーク利用制限」にかかっているかどうかを確認しましょう。

多くのお店では「〇」「△」「×」の表記で示されています。

「〇」は元の所有者がすでに端末代金を支払い済みで何も問題なくモバイル通信ができるスマホ

「△」は元の所有者がまだ端末代金を完済していない状態で、場合によっては今後ネットワーク利用制限がかかる可能性のあるスマホ

「×」はすでにキャリアによってネットワーク利用制限がかけられているスマホ

というように分類されています。

「×」のついたスマホはSIMカードを入れてもモバイル通信できませんので、Wi-Fiで運用するか、音楽プレイヤーにするか、習字のブンチンにするしかありません。

「△」は元の所有者がしっかり端末代金を完済すれば問題ないのですが、踏み倒したりすると「×」と同じくネットワーク利用制限がかかってモバイル通信不能になります。

ネットワーク利用制限のかかった端末を業界用語で「赤ロム」と呼ぶのですが、ショップによっては「赤ロム保証」といってネットワーク利用制限「△」の端末が「×」になってしまった際に購入代金を全額返金してくれる制度を設けているところもあります。

どうしても「△」の端末を購入したい際は「赤ロム保証」のあるショップで購入するようにしましょう。

とはいえわざわざ今後使えなくなる可能性のある端末を購入するのは相当リスクが高いですし、保証があるにしろお店まで出向いて返金対応を受けるのも面倒なことこの上ないです。

したがってネットワーク利用制限は「〇」の端末を選ぶのが結果的に一番ラクで安心です。

余談ですがこの「ネットワーク利用制限」とは日本国内のキャリアが課しているものですので、キャリアに縛られていないSIMフリースマホには一切関係ありません。SIMフリースマホの中古品を選ぶ際はネットワーク利用制限の有無は気にしないでえらべます。

2.外装よりもスペックを要確認

中古スマホに関しては見た目を気にするとキリがありません。

普通に使っていれば細かいキズや色落ちは使用感として現れますので仕方がないですからね。

店頭で選ぶ場合はショーケースに並んでいるもので一番きれいなものをがんばって見つけてください。

あまりにも本体の色が焼けているだとか、フレームが割れて破損しているというものはB級品やジャンク品として別枠で扱われているはずなので「とりあえず動けばいい!」という人はそういうコーナーを漁ってみることをおススメします。

そんなことよりも気にすべきはスペックです。

特にSIMフリースマホの場合は「技適マーク」の有無は事前にしっかりと確認しておきましょう。

技適マーク

中古スマホだけではありませんが、海外製スマホを購入する際に日本国内でモバイル通信を利用するために必須な「技適マーク」のない端末を購入してしまうことがあります。

(とはいえSIMフリー端末なのでSIMを入れて設定さえしてしまえば普通に通信できてしまうんですけどね・・・)

技適マークのないスマホを日本国内で使用すると電波法違反になるおそれがありますので、わからない場合は店員さんに聞いてから購入しましょう。

※ショップで「日本国内での使用可否不明」という注意書きのある端末は99%技適マークがありませんので手を出さないでおくのが賢明です。

3.バッテリーだけは運

外装やスペックは事前に判断できますが、中古スマホでどうしても運に左右されてしまうのが「バッテリーの状態」です。

特にバッテリーの取り外しができない機種の場合は、購入後に自分でバッテリーパックを入手して交換するといったことができません。

前の所有者がどのくらいの頻度で放電と充電を繰り返していたかによってバッテリーの具合は変わってきます。

運が悪いとバッテリーのへたった機種をつかんでしまい、数時間使うと電池残量がなくなってしまうなんてこともあります。

しかしこればかりは運・・・。

ショップも「バッテリーは消耗品のため保証対象外です」の文言で責任を回避してきます。

中古スマホを購入する際は事前に覚悟しておきましょう。

どうしても気になる場合や今後長く使いたい人は「ユーザーでバッテリーの着脱が可能」な機種を選ぶといいでしょう。

4.ネット通販やオークションは上級者向け

最近ではamazonや楽天のような大手ネット通販、さらにソフマップのような家電量販店でも多数の中古が販売されています。

量販店はまだ店頭併売なので実際に触ることも可能ですが、ネット通販専門店の場合は実機を触ることができませんので商品画像と説明書きだけが頼りです。

限られた情報で購入の判断ができる方や、万が一トラブルがあった時に自分で対処できる自信のある方ならいいのですが、そうでない方は手を出さないほうがいいでしょう。

また「メルカリ」などのフリマアプリでスマホやコンピューターを買うのはやめたほうが賢明です。

まず出品者が素人であり、買取店のような品質精査や点検が十分に行われていない時点で不安要素てんこ盛りです。

また写真の撮り方や説明書きの書き方で致命的な欠陥をごまかしたりしてくるので不良品をつかんでしまうかもしれません。(そもそもメルカリ自体が出品物の無法地帯と化しており、特にパソコン関連でのスペック詐称などハードウェアは過去にトラブルが多い)

最後まで自分でケツを拭けるひとだけ挑戦してみてください。

まとめ

先にも述べた通りスマホは非常に速いサイクルで新製品が登場しています。

さらにCPUやメモリ、OSといったハードウェアやソフトウェアはまだまだ進化していく分野です。

つまりどの段階でスマホを購入しようが1年もするとロートル機種として認定されてしまうので、あまりスペック面で悩まずに

  • 自分に必要な機能を備えている(用途・機能)
  • 操作しやすい大きさやサイズ感である(大きさ)
  • 価格に納得できる(金額)

を満たした機種をサクッと選びたいですね。

ガジェット好きな筆者のおススメは「新品」⇒「中古」⇒「新品」⇒「中古」⇒・・・と乗り換えること。

新品はもちろん購入時の最新機種をチョイスします。値は張るかもしれませんが機能面では絶対納得できるハズです。

そしてしばらくして機種を変えたくなったら今使ってる機種を売却して新しめでかつスペックは並くらいの中古を買います。

こうすることで「機能面重視」と「価格面重視」の波ができて適度に購買意欲を刺激してくれますし、結果としていろいろな端末を触ることができるのです。

上記はあくまで一例なので参考程度にしていただきたいのですが、冗談抜きでスマホはどんどん新しいのが出てきます。

マメにショップやネット通販をチェックしていると中古で手ごろな機種が出回ってたりしますので、安くスマホを手に入れたいなら「中古」という選択肢をぜひ活用してみてください!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る