mineoなんばが9/1オープン!~格安SIMが実店舗を構える意味とは~

大阪に2店舗目。日本橋なんばにmineo進出

mineoショップ なんば|検索結果|店舗検索|店舗|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】
mineoショップ なんばの店舗詳細はこちらです。SIMカードの差し替えや初期設定が不安な方は、お近くの店舗へご相談ください。

もともと梅田に1店舗あるmineoの実店舗ですが、大阪の電気街「日本橋」にも新たに店舗を構えて大阪府内に2店舗体制となりました。

mineoはテレビCMも積極的に流しており、とにかく万人にわかりやすく格安SIMを使ってほしい!という意思を感じます。

店舗を構えているのも「質問不可。わかるひとだけ」のようなアキバにあるジャンク店のような塩対応では、ユーザー層が限られてしまうのを防ぐ目的があるように思います。

お店に行って実際にさわって、質問して、接客を受けて初めてサービスや商品を購入しようと思う方も一定数いらっしゃいますからね。

筆者も長いこと家電業界で仕事をしていましたが、よくわかってない人ほど最新情報や新製品に興味津々だったりするのはよくある話です。

そういった人たちの需要を掘り起こすためには「ここに来ればなんとかなる」という受け皿が必要ですよね。

これまでは集客力やシナジーを狙って量販店のスマホコーナーに派遣やバイトのスタッフを送り込んでいましたが、mineo以外にもいろいろなブランドの拡販スタッフが入り乱れている現場ではいいように接客係に使われてしまい、結果として大した効果を得ることができません。

こうした観点からもmineoだけの独自店舗であれば自社のSIMカードだけを安心してすすめられますし、来店客は100%mineoに何らかの興味を持っているので成約率もグっとあがることでしょう。

これからMVNOの業績を伸ばしていくなら「web完結型」と並行して「店舗接客型」も同時に走らせていかないといけないタームに入ってきている気がします。

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

フォローする

トップへ戻る