【STEP2】のせかえの準備をするっ!

のせかえを決意したアサギだが……

まずは自分のスマホが動作確認端末に掲載されていることを確認しよう!

いくらMVNOにしたくても、自分の使っている端末が対応していなければのせかえる意味がありません。

MVNO各社のウェブサイトには必ず動作確認端末一覧のページがありますので、自分の機種を検索してみて、しっかりと動作確認がとれているかどうかチェックしましょう。

○がついている項目は対応、×や―のついている項目は非対応を表しています。

それからSIMカードのサイズも確認しておきましょう。

ほとんどの端末は「nanoSIM」と呼ばれる最も小さいサイズのSIMカードが採用されていますが、型によっては少し大きい「microSIM」が採用されている端末もあります。間違えないようにしましょう。

さらにauの端末には「SIMロック解除が必要」という注意書きがついていることが多いです。

これはauの技術仕様の問題で、auのVoLTE対応端末はau回線のMVNOであっても「SIMカードを差し替えてチャンチャン。」というわけにいかないのです。

必ずauショップに行ってSIMロック解除の手続きを行ってください。

動作確認端末ページの例

※アサギの使っている端末はdocomoのAndroidスマホでした。docomoの端末ならSIMロック解除をしなくてもdocomo回線を利用しているMVNOにのせかえることができます。

乗り換え時期を確認しよう!

MVNOにするにあたって最も関心の高い内容に「いつ乗り換えたらお得になるのか?」というものがあります。

今使っているキャリアの契約、違約金、端末代金・・・。

どうもタイミングがわからない!

今なのか?それとも契約更新月で違約金のかからないタイミングなのか?

それを瞬時に判断してくれる診断ページをmineoが公開しています。

乗換タイミング診断 | mineo(マイネオ)
私はいつ乗り換えたらおトクなの?今?更新月?そんな疑問にお答えします!

まずは気軽にチェック!

申し込みの流れを確認しておこう!

申し込みの手続きはすべてweb上で完結しますので、実際にかかる時間は30分程度で終了します。

流れとしては

  1. 【任意】MNP予約番号を取得する(web/電話/店頭で可能)
  2. 手元にクレジットカード・本人確認資料を用意する
  3. 申し込み画面で入力する
  4. 本人確認資料のアップロード
  5. 手元にSIMカードが届く

という感じです。

つまり申し込みの際に必要なものは

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレス(必要があれば)
  • MNP予約番号(今使っている番号をそのまま受け継ぎたい場合)

です。

そして申し込みの最後にアップロードした本人確認書類に問題が無ければ3日程度で自宅にSIMカードが送付されてきます。

さすがにアサギのようなおっちょこちょいな方はいないと思いますが、

★実はクレジットカードを作ったことが無い

★この機会に新しくクレジットカードを作りたい

という方もいらっしゃるかもしれないので、僭越ながらおすすめの定番クレジットカードをご紹介します。

MVNOの申し込みにはどのみち必須なので、このタイミングで作ってしまいましょう!



★公式サイト★




★公式サイト★



次回!アサギ、MVNOに無事申し込めるのか!?

■STEP1へ戻る■

フォローする

トップへ戻る