auの新プランはスマホのライトユーザーにとってあまりうまみがない件

auの新料金プランも発表されました!

au(KDDI)は2019年7月から提供を開始する新たな料金プランを発表しました。

今回もサクッと内容をおさらいしていきましょう。

新auピタッとプラン【2,980円~5,980円/月】

月間のデータ利用量によって料金が変化するシステムです。

月に0~1GBまで⇒2,980円

月に1~4GBまで⇒4,480円

月に4~7GBまで⇒5,980円

auフラットプラン7プラス【5,480円/月】

●こちらは2019/06/01から受付開始されるSNS利用者向けプランです。

月7GBまでのデータ通信と指定されたSNSのデータ量の料金カウントがフリー(無料)になります。

【対象のSNS】

  • +メッセージ
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

※ただしTwitterのGIF画像の投稿・再生、FacebookのMessengerなど対象外となるサービスもあります。要注意。

auデータMAXプラン【8,980円/月】

●2019夏ごろ受付開始です。

日本初のデータ容量無制限のプランです。

ただし動画配信、ストリーミングサービスなどの、大量のデータ通信または長時間接続をともなうサービスを利用した際、通信速度を制限する可能性があるとのことです。(切断はされない)

なお、通話料金についてもdocomo同様に話し放題はオプションとして提供されます。

5分間のかけ放題【通話定額ライト】は月額700円、時間無制限の【通話定額】は月額1,700円で別途申し込みが必要になります。

auスマートバリュー

データ通信利用量が月間1GB以上のユーザーは料金から500円引きになります。

1GB未満のユーザーは割引対象外です。

家族割プラス

auの対象プランを利用している家族の人数によって割引が受けられます。

2人まで加入⇒500円引き

3人以上⇒1000円引き

※2019/09/30までは【家族割プラス スタートキャンペーン】が適用されるので人数に関係なく1000円引きになります。

auデータMAXプラン スタートキャンペーン

2019年9月30日までの間にauデータMAXプランに申し込んだ際、翌月から6か月間は毎月1,000円の割引が受けられます。

新料金プランの感想

アサギ

docomoよりはいいのかな……

ムラカミ

率直な感想としては「スマホをまんべんなく使う人向け」に訴求しているという印象を受けるね。

アサギ

家族割なんかも駆使すれば月の通信が1GB未満の人は無理なく1,980円で使えるようになるんだね!

ムラカミ

家族割が適用されることが条件だから家族全体で利用できる環境があるユーザーならまだしも、単身の方や利用回線がバラバラの場合はほとんど恩恵を受けられないところも注意が必要だな。

アサギ

結局月間で1GBだと通信量が足りないし、かといって4GBや7GBのプランだと割引を駆使しても標準的なMVNOより1,000円近く高くなっちゃうんだねぇ。

ムラカミ

そこがミソだよね。

MVNOは月間3GBの高速データ通信が使えて相場が1,600円~1,700円。

この「月2,000円を切りつつもスマホを使うのに不自由しないデータ量」っていうバランス感覚がMVNOにとって一番の強みなワケだ。

アサギ

今回の新プランではLINEモバイルとかBIGLOBEがすでに導入している「カウントフリープラン」もついに大手キャリアで登場したね!

ムラカミ

ただLINEやyoutubeといったメジャーコンテンツが対象外なので微妙っちゃ微妙だね。

MVNOならチョイス次第でLINEもyoutubeもカウントフリーで使うことが可能だぞ。

アサギ

あとはもうすぐ始まる5Gサービスを見据えたデータ無制限プランも近日開始されるって!

ムラカミ

これはヘビーユーザーにとってはありがたい料金プランなんじゃないかな?

完全にMVNOのユーザーとは真逆の「スマホがすべて!スマホさえあれば生活のすべてが完全に解決する!」っていう超ヘビーユーザーなら入る価値は十分にあると思うぞ。家族割さえあればスタートキャンペーンが終わっても月額6,980円でギガ(笑)を気にしなくてよくなるからな。

アサギ

自宅にネット回線を引いていない人なら確かにスマホだけが頼りになるもんねー。

ムラカミ

そういう意味でもヘビーユーザーにとっては検討に値する新プランなわけだが、一方のライトユーザーにとっては物足りない内容なんだよねぇ。

アサギ

確かにこのauの新プランだと1GB未満のユーザーは2,000円前後で使える可能性もあるけど、もう少し使いたい場合はどうしても4,480円のプランになっちゃうもんね。

ムラカミ

ていうかそもそも【新auピタッとプラン】の7GBまでの料金が5,980円っていうのがワナだよな。

同じ7GBのデータ容量が使えてさらに指定SNSのデータ通信がカウントフリーになる【auフラットプラン7プラス】が5,480円だから、最初からそっちにしとけば良かった~って後悔するのがオチでしょ。

アサギ

学生さんで最初からそこそこデータ通信とSNS使うってわかってるなら【auフラットプラン7プラス】に早めに切り替えておくのが吉だね!

ムラカミ

いずれにせよ、毎月3GB~5GBくらいデータ通信ができれば十分な「スマホそこそこ使えればOK」な人とか「家と会社はWi-Fiあるからモバイルデータ通信はそんなに使わない」っていう人ならMVNOにしとくのがいいよ。

アサギ

毎月1,000円の差でも、1年経てば12,000円の差になるもんね!

ムラカミ

その通り!

今、契約を見直すことで将来的に大きなプラスになるということを覚えておこう!

◆ニュースリンク(外部サイト)◆

最大4割引で”ずーっと”おトク、1,980円からの「新auピタットプラン」提供開始

最大4割引で"ずーっと"おトク、1,980円からの「新auピタットプラン」提供開始
KDDIのニュースリリース 最大4割引で"ずーっと"おトク、1,980円からの「新auピタットプラン」提供開始
★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る