docomoの新料金プランは、MVNOの脅威にはなりません。

docomoの新料金プランが発表されました!

docomoは2019年6月から実施する端末料金と通信料金を分離させた新たな料金プランを発表しました。

内容をおさらいしていくと、

ギガホ・・・6,980円/月

月間30GBまで高速データ通信が利用でき、使い切った後も1Mbpsでの通信が可能なプラン。

ギガライト・・・2,980円~5,980円/月

  • 1GBまで:2,980円
  • 1GB~3GB:3,980円
  • 3GB~5GB:4,980円
  • 5GB~7GB:5,980円

⇒使った分だけ料金を支払う段階制プラン。7GBを使い切った場合は128kbpsに制限されます。

という2種類のプランを示しました。

通話料金についても変更が実施されます。

通話料は家族間のみ無料となり、5分間のかけ放題は月額700円、国内通話の完全無料サービスは月額1,700円かかるようになります。

家族割「みんなドコモ割」

家族にdocomoユーザーがいる場合、2回線目は月額500円引き、3回線目は1,000円引きになります。

ドコモ光セット割

固定ネット回線「ドコモ光」を契約していると、ギガホプランは月額1,000円引き、ギガライトプランは最大で1,000円引きの割引を受けられます。

この他にもスマホデビュー割、ギガホ割などの割引も用意されています。

新料金プランの感想

アサギ

思ったほど安くないじゃん!!!

ムラカミ

う~ん。一体誰のためのプランなんだろうな・・・。

アサギ

「値下げに踏み切った!」って煽るからどんなものかと思えば、ガッカリだよ。

ムラカミ

具体的にはどんなところにガッカリした?

アサギ

だってものすごくたくさんデータ通信を使うユーザーにしかメリットがないじゃん!段階制の料金プランって言ってもMVNOと比べたらかなり割高に見えるんですけど!!

ムラカミ

そうだよね。

まず言えるのは「ライトユーザーへの魅力的な料金プランがない」っていうところ。

100歩譲ってデータ通信1GB未満のユーザーなら家族割を最大限効かせれば1ユーザー当たり月額1,980円だからまだわかるけど、3GBまでは家族割があっても2,980円と一気に割高感が出てくるようになるね。しかも話し放題もオプションで有料だし。

アサギ

家族割がきかない単身ユーザーならもっと割高だよ~!

ムラカミ

たとえば業界最安プランを打ち出しているDMMモバイルなら月3GBで1,500円。

通信品質とかサービス面はあえて考慮していないけれども、それでも今回のdocomoの新プランの半額でスマホが使えるということを考えると単純な維持費では年間で1万円以上の差が出るぞ。

アサギ

その代わりと言っちゃなんだけど、完全にスマホ1本で、なんでもスマホで済ませる人ならギガホはそれなりに便利なのかもしれないね?

ムラカミ

月に30GBもある容量を使い切ってしまうくらいのヘビーユーザーなら、もともとMVNOには向かないしな。

要するにWi-Fi環境もない、パソコンもない、youtubeとSNSとスマホゲー中毒になってる、みたいな感じのユーザーはギガホプランでも納得して使えると思うよ。ギガが切れても1Mbpsで通信できるし、不便さはないでしょ。

アサギ

つまりもともとMVNOに向いてないユーザーだけはギガホでもいいのかなって感じになるのね。

ムラカミ

問題なのは「じゃあその逆の人は?」って話ね。

全然スマホを使わないわけじゃないけど、めちゃくちゃたくさん使うっていうほどヘビーでもない。ややライトなユーザーのことね。

だいたい月間で3GB~5GBくらいあればいいかな~?くらいの人はどうするのかっていうね。

アサギ

そういう人たちは選ぶとしたらギガライトになるんだろうけど、やっぱりMVNOと比べると高いって印象なんだよね~。

ムラカミ

個人的にはもっとこう「超高速通信が5GB分使えて月額3,000円ポッキリ!」くらいのインパクトがあればよかったんだけど、結局は基本料金を高くして【●●割】で割引していくキャリアお得意のスタイルで全然スッキリしない!

アサギ

もうその割引スタイルからは離れられないのかもしれないね・・・。

ムラカミ

キャリア陣営は「●●割」っていうスタイルがプランをややこしてくしてるっていうことに全く気付いてない感じだよね。いい加減やめて欲しいわ。(まぁこれはUQモバイルのピッタリプランとか楽天モバイルとかY!mobileにも言えることなんだけどね……)

というわけでdocomoの新料金プラン発表は、とんだ拍子抜けで終わりました。

こんな調子だと、MVNOのメリットは全く失われてないどころか、ますます今後加速していくでしょう。

だってライトユーザーにとっちゃ、中古で買ってMVNOで使うほうが断然オトクなんだもん。

アサギ

つまり!低料金で使うならMVNOで決まり、ってことだね!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る