格安SIM が”格安”な理由

今使っているあなたのスマホ(¥7,000/月)が、 格安SIM に乗り換えるだけで

¥2,000/月になります!!!!

なんて言われても、、、凄まじく胡散臭いですよね。

そりゃ自分の携帯代が安くなればいいなと誰もが思うことですが、世の中そんなに甘くない。

キャリアを乗り換えるだけで安くなる??そんな理由もなく安くなるのには何か裏があるはずだ!!!

そんな風に思われがちです。

ですが、 格安SIM が「安い」のにはちゃんとした理由があります。

客寄せのためにただ安いと言っているわけではありません。

ご安心ください。

「 格安SIM 」はなぜ安いのか??

格安SIM に変えたことによってキャリア時代と使い勝手が大きく変わるかというと、そんなことはないです。電話ができますし、メールやLINEだってできます

(「@docomo.ne.jp」や「@softbank.ne.jp」などのキャリアメールは使えなくなりますが・・・)

でも安くなるんです。それはなぜでしょうか。

① 格安SIM はキャリアの回線を”借りている”

docomo、au、softbankは自社でアンテナや基地局といった通信設備を持っています。

その通信設備は日々メンテナンスが必要ですし、また新しく基地局を作る必要もあるのでそれだけでコストがかかります。

このような背景があるので、月々の料金に若干の上乗せをする形でこれらの費用を回収しているのです。

格安SIM の事業者( MVNO と言います)は通信設備を持っていません。キャリアに回線接続料を払って回線を借りています。

メンテナンス費等はかからないため、料金が安く設定できているのです。

且つ、キャリアと同じ回線なわけですから電波が届く範囲も当然同じです。

※ そもそもなぜキャリアは MVNO に回線を貸しているのか

自分たちの回線を貸して、尚且つ自分たちより安いのだから、正直キャリアにメリット無くない??と思うと思います。

実際のところキャリアにメリットは無いのかもしれません。

ですが、キャリアは回線を貸さないといけないのです。

総務省の働きによって・・・

【参考】

MVNOに係る電気通信事業法及び電波法適用関係に関するガイドライン(平成29年2月改訂)

要約すると、キャリアが他社に顧客を取られないようにするために

2年縛りなどでなかなか解約できないようにしていたのですが、

総務省がこれは「囲い込み」を行っているのではないか??と見たため、

やめましょう、という話になりました。

(ざっくり過ぎますが・・・)

② 実店舗を持っていない

MVNO はインターネットで契約などほぼ全ての手続きを済ませます。実店舗はほとんどありません。

これによって、人件費・店舗の電気代・土地代などの費用がかかりません。

1店舗だけならそれほどですが、キャリアは日本全国に店舗を持っているわけなので、店舗を持ってるのとそうでないの差は結構大きいです。

③提供するサービスを限定している

MVNOで提供されているサービスは「通話」「SMS」「ネット通信」に限られます。

ウラをかえせば

  • 細やかなアフターサービス
  • 「×××@docomo.ne.jp」のようなキャリアメールアドレスの提供
  • 留守番電話サービス
  • 機種交換サービス……etc

といった大手キャリアでは当たり前にあったサービスは提供されないか、オプションで別途契約しなければなりません。

これは「ユーザー自身がある程度のトラブルに対応できる」という前提でMVNOが運営されているからです。

過剰なサービスは人件費や運営費がかさむ原因です。

それらをなくして経費を削減し、それをユーザーに還元することで格安な料金プランが実現可能なのです。

いかがでしたでしょうか。

まとめると、あらゆるコストというコストを削りまくった結果、キャリアよりもだいぶ安い料金でサービスを提供できているわけです。

「安い」にはちゃんと理由があります!!

今使っているスマホの料金が高いなーとか、必要最低限のことができればいいんだけどなーとか、そんな風に思っている人は 格安SIM オススメです!!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る