【悲報】auユーザーのsimロック解除ルール、日数短縮よりも改悪部分が酷い件

こちらの記事はauユーザー、UQ mobileへ載せ換えを検討中のユーザー向けの記事でございます。

auのsimロック解除が101日に短縮ッッ!・・でも改悪もあるゾ!

2017/8/1日にauのsimロック解除に関するルールの変更がありました。

今までは購入から181日目にsimロック解除が可能になっていたのですが、2017/8/1からは101日目に解除が可能になりました。

これだけ聞くと

「おお!auにしてはMVNO有利な規制緩和をするなんてやるじゃなぁ~い?」

って最初は思いましたよ、ええ・・・でもauがヤリたかったのはそれだけじゃなかった!

中古白ロム一掃!!安く買ってMVNOさせないauの酷い仕打ち

新しく発表されたSimロックの新ルールはそれだけではありません

2017年11月30日以降は最初のオーナー以外はSIMロック解除はできませ~~ん♪

これが、新ルールの改悪部分!!

ちょ、待てよ!!←キムタク風

自分、TORQUE G01 をUQ mobileで使ってもう1年以上経つけど、流石に本体がかなり消耗してるから6月に発売したTORQUE G03 が中古で出回り初めたらウマイこと入手して今使ってるnano SIMの契約をマルチSIMに変更して中古の本体代金だけで格安でG03使ってやるぜ~作戦です!

↑この構想が完全に撃沈だよ!!(個人的な話ですいません)・・・三太郎の日とか言ってダ●ソーの商品一個くれるだけのケチな日でユーザーを繋ぎ止めらんねーからってやつあたりするのはやめてほしいですねぇ


※画像に特に意味はありません

いや、まだ望みはある・・・11月30日から遡って考えるとだね・・・8月15日くらいに購入してればイケる!!

だとしてもソレ、11月下旬ギリギリに解除されて中古で購入したらロック解除不能になる前に超速で解除せんとアカンで・・

白ロムのスマホ買って格安SIM使うのはもうオワコンなの?


※大げさに書きました、完全にオワリではないです

今回の規制によってauに関しては中古スマホを買って格安simで運用したい人にとってはかなりの障害となります。

初期購入者以外はsimロック解除ができないので、白ロムのスマホを買ってMVNOで運用したいなら購入時にsimロック解除済みかどうか確認が必要です!でないとただのWIFI専用機を購入することになります・・・

これはあからさまなauの嫌がらせでしかないですね、auは以前も2015年にVoLTE導入時に何故か今までau系MVNOはsimロック解除不要だったのに解除しないと使えなくなった・・・通称「MVNOロック」と言われたこともありました・・すでに前科があるんだよ!!

結論:auえーかげんにせえよ!

UQ mobileというサブブランドを作って積極的にMVNOを広めてる・・・いやぁ~実際は取りこぼし0を目指してるだけで格安スマホなんていかないなら一切切り替えてほしくないってのが本音なんだろうなぁ・・・

もうそんな時代は終わったんだよ!さっさと載せ換え~~!!

【重要】2017年8月以降にリリースされた機種を狙え!!

さてこれまで「auのクソみたいな規約変更のせいでSIMロック解除できないから白ロム・中古スマホオワタ~~!」という話を展開してきたわけだが、実はそんなに悲観する話でもないということを最後にお伝えしておきたい。

なぜなら、総務省がMVNOの置かれている不当な状況にブチ切れて

「キャリアどもふざけんなよ・・・!もう怒ったで!あまりにもひどすぎるからガイドラインごと変えたるわ!

とMVNO向けのSIMロックを禁止したからです。

その対象となるのが2017年8月以降の販売機種となっています。

アップルでいうならiPhone8以降の機種、あとはSAMSUNGのGalaxyNote8やXperiaXZ1といった機種もOK!

実はこの事実はあまり知られていないようで、ひどいところだと「キャリアのスマホは絶対にSIMロック解除必要なんだぜ~w」と平気でウソ書いているサイトやブログもあるのであえてここで書いておきます。

各MVNOの動作確認ページをご覧いただいてもわかると思いますが、2017年8月以降に販売された機種の検証ページには「SIMロック解除必須」といった表現は書かれていません。

したがってこれから機種変更や新しくスマホを持ちたいと考えている方は、中古スマホや白ロムを選ぶときは2017年8月以降の機種を選ぶとSIMロック解除とかめんどいこと考える必要すらなく、ラクに乗り換え可能!

わかったら速攻でキャリアを脱出してMVNOへGO!!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る