【iPadを安く使う!】softbank版iPad向けの最安プランがb-mobileから登場。

Softbank通信網のMVNOで一定の存在感を見せている「b-mobile」から、新たなプランが打ち出されました。

そのプランは「b-mobile S 190 Pad SIM」

プラン名にPadとあるように、Softbank版のWi-Fi+cellularモデル(SIMカードが入るモデル)で使える新しい料金プランを携えたものです。もちろんSIMフリーのiPadでも利用可能です。

Softbankの通信網を利用しているのでSIMロック解除のできないSoftbank版iPadでもデータ通信が利用できるのが大きなメリットになっています。

中古の端末ショップで気軽に手に入るSoftbank版iPadや、契約を解除して余剰になったiPadに入れるSIMとして最適な位置づけと言えるでしょう。

そして今回のプランで衝撃的なのは月額利用料。

なんと月々190円~利用可能となっています。

利用料金とデータ通信量の関係は以下の通り。表記はすべて税別となっています。

データ通信使用料 月額基本料
100MB以内 190円
1GB以内 540円
2GB以内 890円
3GB以内 1,240円
4GB以内 1,590円
5GB以内 1,940円
6GB以内 2,290円
7GB以内 2,640円
8GB以内 2,990円
9GB以内 3,340円
9GB以上 3,690円

なお月の利用データ量が10GBに達した時点で速度制限が課されることになります。

目玉である最安の190円で抑えるためには月に100MB未満というデータ通信量でなければならないので、現実的な使い方ではまず無理でしょう。

月に190円で運用するための目安。(http://www.bmobile.ne.jp/sb/index_pad.htmlより引用)

さらにこのプランではSMSや通話が利用できない「データ専用SIM」となりますので、メインで使うスマホやタブレットをこのSIMで運用するのは難しいです。

今どきデータ専用SIMでサブ端末を持つメリットがあるのか考えた時、思いつく利用法としては

・自動車につけるGPSナビ専用機

・18禁コンテンツ専用機

・スマホだと見づらい人向けのタブレット専用SIM(老眼だとスマホは見づらいと聞く)

くらいでしょうかね。

一定のデータ通信量を超えたら通信不可になるシステムがあれば子供に持たせる端末用にしてもいいのかなとは思いますが、残念ながら今のところそのようなシステムがないので厳しいですね。

b-mobileのサイトではiPadの維持費が高い方や親に渡すタブレットに使うという事例が示されています。

自宅にネット環境があれば無線ルーターを設置してWi-Fi運用するかスマホのテザリング機能を使うべきですが、ネット環境が整っていない場合は有効な手段になります。

特にネットにあまり強くない高齢の両親のもとに置いておくタブレットとしてはiPadがベストな選択です。実際に家電量販店の店頭に立って接客をしているとデジタル家電のことはチンプンカンプンなのにiPhoneやiPadは使いこなしているという方を何人も目にします。

今回のプランのように使うデータ量に応じて段階的に基本料が決まるシステムを最大限に生かすなら「普段はネットをしないけど、子供たちとのやり取りなどで受け身的にタブレットやスマホを使う機会がある」という方に使ってもらうべきです。

特に1GBまでなら月額540円ですしSoftbank版は中古の流通量も多いですから、ご両親への入門機として使ってもらうにはうってつけですね。

◆まとめ◆

「b-mobile S 190 Pad SIM」は離れて暮らすネットにあまり強くない親に連絡用や近況報告用に持たせるiPadに入れるSIMとして最適である。その理由は利用した通信量に応じて段階的に料金が決まるので、自発的にネットをする習慣のない方が利用すると最も高いコストパフォーマンスが得られるからである。

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る