MVNOの端末保証を比較!安心して端末を使いこなそう!

キャリアもMVNOも端末保証はオプション方式

「端末保証」とはいわゆる端末の故障・破損が発生した際に

1.無償または一部の料金を負担することで同一の端末や同等品に交換できる

2.無償または一部の料金を負担することで故障部分の修理が受けられる

というものです。

スマホも家電製品の一部になりますので、その端末を製造したメーカーが指定した期間の間に故障が発生した場合は、購入証明となるレシートと保証書を提示することで無償で修理や交換に応じてくれます。(通常はお買い上げ日から1年間というものが多いです)

キャリアの補償

キャリアでは自然故障以外の水濡れや不慮の事故に起因する破損、盗難などの偶発的な事象も補償してくれるサービスがオプションサービスとして用意されています。

サービス名称 月額料金
docomo ケータイ補償サービス 380円/500円
au 故障紛失サポート 380円
softbank あんしん保証パック 500円

(docomoは端末により料金が異なります)

詳細は各キャリアのページで確認して欲しいのですが、

  • 故意にスマホを壊して新品を手に入れようとする
  • ソフトウェアを改造しようとして失敗して動かなくなる
  • 民間のわけわからんスマホ修理屋さんで格安で修理したスマホが再度故障した

みたいな「明らかにテメーが悪い!」っていうトラブルは受け付けてくれません。

それ以外の案件もサービスの悪用を防止するために自己負担金が必要になります。

あくまでも「不慮の事故でスマホが壊れちゃった人を最小限の負担で救済してあげる」サービスだということをお忘れなく。

MVNOの補償

さて一方のMVNOですが、nosekae.comがオススメする4つのブランドの端末保証も比較してみましょう。

サービス名称 月額料金
IIJmio 端末補償オプション 380円/500円
つながる端末保証 500円
UQ mobile 端末補償サービス 380円
mineo 端末安心保証サービス 370円
持込み端末安心保証サービス 500円
LINEモバイル 端末保証 450円
持込端末保証 500円

上記をご覧いただければわかるように、MVNOの補償には2通りのパターンがあります。

それは

  1. MVNOで端末とSIMカードをセットで購入した際に付けられるオプション
  2. MVNOでSIMカードだけ申し込んだ際に付けられるオプション

です。

nosekae.com的に大事なのはもちろん2番目の「SIMカードのみ申し込んだ時」です。

上の表で赤字になっているオプションサービスがそれに該当するものです。

(残念ながらUQmobileにはありませんでした……)

これは自分で用意した端末(持込端末)に対する保証サービスです。

こちらも最低限の出費で水没や破損に対応してくれるので安心してスマホを使うことが出来るのですが、注意点がいくつかあります。

1.盗難は補償されない

大手キャリアでは盗難も保証してくれますが、各MVNOのオプションには規定がありません。

2.契約と同時の申し込みが必要

あとから申し込むことはできません。

必ず契約時の申し込みが必要です。

3.対応機種のみの補償

極端に古い機種、海外からの輸入品、改造品、交換可能機種以外のスマホなどは保証できません。

この3点以外にも修理回数や上限金額などの細かい決まりごとがありますので、事前にサポート内容と利用規約をチェックしておきましょう。

まとめ

家電量販店に勤めていた時に何度か修理コーナーで業務をする機会がありましたが、意外なほど携帯電話やスマホの修理依頼って多いんですよね。

これだけ多くの人がスマホという家電製品を使う時代になったんだなぁと思いつつ、スマホを壊してしまう事案もまた、一定数あるのだなと実感したものです。

スマホを壊してしまう人の大半は落下が原因です。

普通に電車内でもバンバン落としている人を見かけるし、特に若い女性は取り扱いが雑な印象が個人的にあります。(画面も割れてる人けっこう多い)

落下を防ぐにはスマホの背面につける落下防止リングやストラップを取り付ければいいのですが、どうしてだかほとんどの人は取り付けていないんですよね。

自分は落下させない自信があるのか、それとも見た目の問題なのか。

さらに「バンパー付きで衝撃吸収のケースだから大丈夫」と粗雑に扱っていると、スマホの内部パーツが壊れたりボタンが戻らなくなったり液晶パネルが沈んだりしますので要注意です。

……少々話がそれ気味ですが、自衛のためのストラップ取り付けなどの対策ができない(したくない)という場合は素直にオプションの保証に入っておくといいです。

月々500円×12ヶ月で6,000円。

2年間でも12,000円の負担です。

もしこの期間中に破損してうごかなくなってしまったとしても、実費負担4,000~5,000円で新品と交換できますのでトータルで考えれば損はしないです。

もっとも一番いいのは破損させない使い方を徹底することですけどね!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る