auのVoLTE対応機種はau系MVNOでもSIMロック解除が必要!?

auの端末を利用していて格安SIMに変えようかな~と思うと

「ん?これどういうこと?」

となるのがこのVoLTE対応端末とVoLTE非対応端末です。

「VoLTEとか言われてもわかんねーよ」という人が多いと思います

超簡単に言うと・・・

VoLTE対応⇒通話品質が良い!しかも通話しながらデータ通信もOK!

VoLTE非対応⇒通話品質微妙……。音声通話時はデータ通信できねぇ!

ということです。

※もっと詳しく知りたい方は公式ページをご覧くださいね!

auのVoLTE対応端末とSIMロック解除前端末の違い

まず最も大事なことを申し上げます。

それは、2015年5月に行われたSIMロック原則解除義務化以前のモデルとそれ以降のモデルで使えるMVNOの数が変わるということです。

これはどういうことなのでしょうか?

2015年5月以前のモデルでVoLTE非対応の場合はSIMロック解除自体はできませんが、au系MVNOで使う場合SIMロック解除は不要なので何もしなくてもそのまま使用できます。

参考 2014年のTORQUE G01 をau系MVNOのUQ mobileに載せ替えした体験記

ちなみにこのお話、家電量販店等の知識レベルが低い専門員だと間違った接客をかまされたりします。詳しくは↓の体験記をご覧ください

参考 【体験談】家電量販店でMVNOの相談をするとスマホを安くするプランに誘導される罠

auのVoLTE対応端末のここが変

そしてここからが本題、2015年5月以降のSIMロック解除対応端末はVoLTE対応端末でもあります。

「とはいってもau系MVNOへのせかえるだけならSIMロック解除なんて必要ないよね♪」

そう思っていた時期が僕にもありました・・・

【重要!】auのVoLTE対応端末は購入から101日経過していてSIMロック解除をしないとau系MVNOのVoLTE対応SIMでも動作しません!

★SIMロック解除対象機種の条件★
以下の条件をすべて満たすau携帯電話などが対象です。
  1. 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。(※2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象となります。)
  2. 機種購入日から101日目以降であること。※ご購入日当日を「1日目」とします。
  3. ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

au公式HPより抜粋

以上のことから、とても残念なことに2015年の5月以前に発売していて、かつVoLTE対応のau端末はMVNOへののせかえができません・・・。

docomoは同じdocomo系のMVNOであればいちいちSIMロック解除などしなくてものりかえできるのに、auは何故か必要・・ナンダコレ。

何故auのVoLTE対応端末はSIMロック解除が必要なのか!?

公式曰く

「SIMロック解除のガイドラインに従いました(キリッ)」

だ、そうです

SIMロック解除が必要にになるということは、購入後101日間はキャリアから載せ替えが不能。詳しくない人は店頭でSIMロック解除をしてもらうかもしれませんが店頭で手続きすると3,000円かかります。

以上のことから、auから格安SIMへの顧客流出防止対策と思われます。

(あくまでも個人的見解です)

つまりどういうことだってばよ(結論だけ知りたい人)

だらだらと長くなりましたが要約すると

・2012年~VoLTE開始までの端末(非VoLTEスマホ)

⇒非VoLTEのau系MVNO(UQモバイル・mineo)で使える(SIMロック解除不要!)

・VoLTE開始~SIMロック解除義務化の間のスマホ

⇒絶対ムリ~~!MVNOで使えない!

・2015年5月以降(VoLTE対応スマホ)

⇒SIMロック解除さえすればau系MVNOが使える!

・2017年8月以降の機種(詳しくは後述)

⇒au系MVNOへののりかえであればSIMロック解除不要でOK!

ということです。

アーウーカラのノリカエサセタクナイカラロックシテモウカッテオトクー♪

次ページ⇒auのさらなる改悪でとうとう総務省ブチギレ!

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る