キャリアの最新スマホを速攻でSIMロック解除する方法

今回は知っているかどうかというだけのお話なのですが、キャリアスマホのSIMロック解除に関する話題です。

まずは各キャリアのSIMロック解除に関する条件をご覧ください。

ゴチャゴチャと文章が書いてありますが、どのキャリアも書いてある内容はだいたい同じで

「分割で購入した際は購入日から101日以降じゃなきゃSIMロック解除の受付はしないよ」

という内容が記載されています。

しかしその下にやや小さい文字で

「一括払いで購入した端末はすぐSIMロック解除やるよ」

「分割の場合も残債(分割の未払い分)を精算すればSIMロック解除するよ」

とも書いてあります。

つまり端末の代金をしっかり払い終えればいつでもSIMロック解除可能なのです。

実はこの解除条件の足並みがそろったのは2017年12月とごく最近の話。

docomoは以前から一括払いの端末はすぐにSIMロック解除が可能だったのですが、auとSoftbankがようやくそれに追いついた形となりました。

なぜ購入日から101日以降なんだろう?

キャリアが損しない絶妙な期間設定です。

キャリアで端末を買うとSIMロックが施されている代わりに「端末購入サポート」という形で端末代金の割引が実施されるのが慣例。

当然その状態ですぐにSIMロック解除を許してしまうと、ユーザーは価格の安いSIMに乗り換えた挙句、端末だけ安く買いたたかれてしまうことになるので、キャリアとしては面白くないわけです。

なので最低でも100日(3か月程度)は自分のところの料金プランでうまみを吸い取ってから放出して採算をとるという形です。抜け目ないですね。

国産のSIMフリースマホがんばれ

ではなぜ今回SIMロック解除の話題を取り上げたのかというと、国産メーカーのSIMフリースマホのスペックが微妙だからです。

つまりハイスペックの国産スマホを使いたいと思った場合、選択肢は今のところキャリアと契約して端末を購入するしかないんです。

今現在販売されている国産のSIMフリースマホを触るとびっくりすると思いますが、正直な感想を言うと”おもちゃ”みたいなんです。

スペック的には「メモリ2GBストレージ16GB」「メモリ3GBストレージ32GB」というようなひと昔前の物足りなさですし、カメラもただくっついているだけでチューニングも適当と言わざるを得ません。

SIMフリーに力が全然入ってないんですよね。

それにSIMフリー(つまりMVNOを使うユーザー)はハイスペックは求められてないという決めつけも感じられます。価格も2~3万円で購入できるものが大半ですから、これではスペックよりも価格を重視するユーザーにしか受け入れられないです。

その点キャリアから販売されているスペックの高いスマホは機種の価格も当然高いですから一括で購入すると10万円近くかかります。なのでキャリアによる分割払いと相性が良く、メーカーも売上の確保ができるので当然そちらに力が入りますよね。

まだしばらくはSIMフリーの国産スマホを使いたい場合は「キャリア端末のSIMロック解除」という方法をとるしかなさそうです。

海外製SIMフリースマホが定番化

そんなだらしない国産SIMフリーを尻目に急速に支持を得ているのが海外製のSIMフリースマホです。

ファーウェイ、ASUS、モトローラ……etc、魅力的で高性能な端末がそれほど高くない価格で手に入るので、価格も性能も妥協したくないユーザーにとってはこれ以上ない選択肢となっています。私も現在ASUS製のZenFone3を使用していますが、購入して1年半経過した現在でも何の不満もなく使えています。

MVNO各社の端末セットのラインアップを見てもほとんど海外製スマホとのセットで占められています。国産のスマホはシャープや富士通などほんの2~3機種だけ。

MVNOが登場してもうそれなりに時間が経っているにもかかわらず国産のSIMフリースマホが全く太刀打ちできていない現状を見ると、これからの奮起に期待する気持ちよりもこのまま海外勢に飲み込まれて消滅する未来を悲観してしまう気持ちのほうが強くなってきております。

いちユーザーとしてはこれからの海外製SIMフリー端末のラインナップにかなり期待していますし、それによってもっともっとMVNOに乗り換える人が増えてくると予想しています。

国内メーカーさんもいまのうちにSIMフリーにもっと力を入れてユーザーを掴んでおいたほうが賢明だと思いますよ。

★中古スマホを探してみよう★

★中古スマホを探そう★

これから中古スマホを買うならイオシスがおすすめ。

SIMロック解除済みの商品も多く、目的のスマホも探しやすいです。

中古スマホとタブレットのイオシス

★nosekae.comおすすめMVNO★

◆IIJmioに申し込む!◆

格安SIMアワード2015で総合満足度最優秀賞を受賞した「格安SIMのフラッグシップ」会社。大は小を兼ねると大型プランを打ち出している大手3大キャリアとは逆をいく扱いやすい小型プランでとにかく「必要な量を出来る限りの低価格で」という格安SIMの良さをこれでもかと推してきた。データ通信は「毎日動画さえ見なければ十分な3GB」がオススメプラン。この3GBプランは他のMVNOキャリアのプラン設定や価格設定に大きな影響を及ぼしています。通信速度切り替え機能も業界に先駆けて開始しました。みおふぉんダイヤルの通話サービスはIP電話と誤解されがちですが090,080発信の電話回線をそのまま使うので、音声遅延、ノイズや音切れもなく、本来の品質そのままで通話を楽しめます。


◆UQモバイルに申し込む!◆

ブランド認知率89%を誇る格安SIMの最大手。色違いのガチャピンムックと三姉妹CMでおなじみですね。通信速度は文句なしの業界No.1。口座振替にも対応している貴重な格安SIMなのでクレカ不要でサクっと乗り換えできます。毎月無料通話分がある「ぴったりプラン」やかけ放題プランも充実。既存キャリアと使い勝手の変わらないところも安心してユーザーに選ばれているポイントです。

フォローする

MVNOリンク集

1.IIJmio

MVNOのパイオニア。家族向けシェアプランが好評で乗り換え支援のキャンペーンも頻繁に開催している。 公式リンク IIJmio

2.mineo

docomo回線・au回線・Softbank回線の3キャリア対応。動作検証済みの機種が豊富で選びやすくiPhoneとの親和性も高い。 公式リンク mineo

3.UQモバイル

回線の安定感と通信速度は業界No.1。通話重視のおしゃべりプラン・ぴったりプランと、コスパ重視の標準プラン、自分のスタイルに合わせて選べる。 公式リンク UQモバイル

4.LINEモバイル

LINEユーザーやSNSユーザーに特化したカウントフリーオプションが魅力。Softbank回線も選べるので古めのSoftbank版iPhoneの再活用にもおすすめ。 公式リンク LINEモバイル

5.DMMモバイル

業界最安値がコスパ重視ユーザー中心にヒット中。 公式リンク DMMモバイル

6.OCN

グローバルIPに対応、IP電話が無料かつカウントフリーで使える。主要コンビニで使えるWi-Fiスポットも提供中。 公式リンク OCN モバイル ONE

7.BIGLOBE SIM

エンタメフリーオプション加入でyoutubeをデータ消費せずに視聴できるのが強み。広いスポットが魅力のWi-Fiサービスも要チェック。 公式リンク BIGLOBE SIM
トップへ戻る